東京で葬儀をする際の相場について

多くの人は葬儀の下準備はしていないと思います。日本では古くから生きている間から死後の話をするのはタブー視されており、縁起でもないことと避けられる風習がありました。そのため、家族が亡くなって初めてお葬式に関わる話をすることとなり、その際に想像以上に費用がかかることを知るということも珍しくありません。まとまった額が必要となるため、できることなら事前にどのぐらいかかるのか相場を知っておくと安心です。しかしながら、お葬式にかかる費用というのは地域性も大きく関係します。というのは、冠婚葬祭については未だにその地域に風習が根付いていることもあり、地域によりその色が異なるからです。では、東京の場合の費用相場はいくらぐらいになるのでしょうか。具体的に診ていきたいと思います。

東京で一般的なお葬式の場合の費用相場

お葬式を行う場合、費用が発生する項目としては、斎場、祭壇、棺や位牌などの用具一式、寝台車、そして火葬費用、飲食代、人件費など様々なものが挙げられます。特に斎場と祭壇の大きさやグレードによって費用は大きく変化しますが、東京で一般的な規模(30人程度の参列者)で標準的なグレードのお葬式の場合、その費用相場は160~190万円ほどと言われています。グレードを抑えて費用を節約させた場合、同じ規模で相場は125~155万円程度とされ、最低限ぎりぎりにまで抑えたグレードや物品にすれば95~125万円程度までは抑えることができます。しかしながら、あまりお葬式でグレードを下げ過ぎてしまうと、ケチっていると参列者から思われたり悪い印象を残してしまうリスクもあります。

家族葬、一日葬の場合の費用相場

上に挙げた相場価格は一般葬の場合です。一般葬とは、一日目にお通夜、二日目に葬儀・告別式を行い、生前故人と親交があった全ての人を参列者として行われる従来型のお葬式スタイルですが、昨今では家族や親族のみでこぢんまりと行う家族葬や、二日間に渡らず一日だけで完結させる一日葬といった葬儀スタイルも増えています。その場合の費用相場は一般葬に比べて安くなり、家族葬の場合は45~130万円、一日葬の場合は35~95万円が価格相場と言われています。ちなみに、東京23区で葬式を行わず、火葬のみを行う場合の費用は206,000円と決まっています。人を一人送るためには葬儀を行わなくても最低これだけのコストがかかるということを念頭に置いて、業者の価格設定をチェックすると良いでしょう。