事前に準備しておきたい東京で行う葬儀の段取り方法

お葬式は突然にしなくてはいけないことで、事前の準備をすることは少ないというのが従来の考えでした。しかし、従来の考えがだんだん変わってきて、自分の葬儀のことや家族に負担をかけないようにしようとする考えが主流になった今、東京にお住まいの方もあらかじめお葬式に備えるようになっています。特に人口が密集している東京では、火葬場の順番待ちでご遺体の安置期間が長くなることもあり、葬式の段取りや流れを把握し解くことが求められます。葬儀にはどのような準備が必要なのかがわかれば、その時になって困ることはありません。事前に準備しておくことと、その時になってからすることをわけておくのも円滑な流れには欠かせないことなので、十分に確認しておくことが推奨されています。

葬式のタイプを事前に検討するには

葬式にはいくつかのタイプがあり、大きく分けると従来の葬式と、近年利用されることが多い小規模の葬式に分かれます。従来は、参列者が多く立派な葬式をすると供養になるという考えがありましたが、核家族化などの背景を踏まえ、家族葬や直葬、一日葬などの小規模な葬儀も多くなっています。従来型を小規模にした家族葬もありますし、宗教色を減らして自由なスタイルを用いる葬式も選べます。まず、家族だけで行い参列を辞退するのか、それとも親しい友人には参列してもらい葬儀を行うのかなどの規模を検討します。そして、その葬式のプランを家族で考えるのか、業者に依頼して任せるのかを決めましょう。さらには、葬式の費用についてもどの程度の予算にするのかもわかっていれば準備やしやすくなります。

実際の葬式に向けた準備で必要なこと

東京は人口が密集しており、火葬場の利用待ち期間があるといわれています。その時に困るのは、ご遺体の安置場所です。一般的にはご自宅がほとんどですが、集合住宅で安置場所が取れないなどの事情があれば他の場所に安置することになります。病院で亡くなった場合でも、病院の安置室を長期間利用することができないため、業者の安置スペースを借りるケースも増えています。場所の確保も事前に検討しておきましょう。葬式の費用については個人的に用意しますが、万が一に備えた積立のサービスを利用してカバーする方法があります。業者の選定が必要なら、その時に選ぶというよりもいくつかの業者をピックアップしておいた方が安心です。業者選定が最も悩むポイントだといわれますが、決めてしまえばその後の流れはスムーズです。