今話題になっている東京での葬儀セレモニーを紹介します

生活をしている中で自然とお通夜とお葬式はセットで行なわれるものと考えられていますが、それぞれには意味を持っています。お通夜は、遺族や親族をはじめ、縁者が集まって故人との最後の夜を過ごすことを言い、基本的には夜は眠らずに朝まで共に過ごすことでしたが、最近では夕方6時頃から1時間ほどの半通夜が多い傾向です。現代と違って医師などによる死の確認が行なわれていなかった昔には、一晩かけて死の確認としての意味もあったと言われもあることから、現代ではそのような必要がないため形式として行なわれている面もあります。葬儀は、遺族と親族が故人を成仏させるための儀式のことで、この儀式に参加できなかった知人や友人などが最後に告別式で別れを告げ、葬儀と告別式を一緒になったものを葬式と呼ばれています。

トラディショナルから個性的とさまざまな種類のあるお葬式

お葬式には、宗教が関係することもあり、その形式などもさまざまなタイプが存在します。東京では、従来のように自宅を使ってのお葬式も減っている傾向にありますが、さまざまなお葬式が行なわれています。東京で有名なフラワーショップが行なっているお葬式では、家族や親族だけの家族葬や大勢の方をお呼びする一般葬、通夜を行なわない1日葬のほか、火葬場で行なう直葬やお別れのためのセレモニーのお別れ会などを用意しています。いずれもフラワーショップがコーディネートしているため、お花いっぱいのお葬式が実現するのが特徴です。中でも葬儀のあとに行なうお別れ会では、適切な会場選びから会場内の演出、オリジナル料理に至るまですべての準備から進行まで行なってくれるため、故人を偲ぶセレモニーとして評判です。

メディアでも評判となったシンプルなお葬式

メディアでも評判となった東京のお葬式は、親族や遺族だけでしめやかでおだやかなお別れができるお葬式や故人のさまざまな希望に合ったお葬式ができお葬式を依頼された方から高い評価を得ています。費用は抑えめで故人の趣味の品などを並べてしめやかなお葬式から、大好きだったカラオケを行なって故人を偲ぶお葬式までさまざまな希望に応じています。最近では、お葬式とは別の日にお別れ会や偲ぶ会として、故人との思い出を語り合ったり、故人が好きだったものを楽しんだりするセレモニーが行なわれています。特に、仕事関連や友人、知人を多く持つ故人には、このようなセレモニーが話題となっています。数多い葬儀会社では、従来通りのお葬式だけでなくさまざまな工夫やその会社ならではの特徴を取り入れたお葬式を用意しています。