他府県とは違う東京での葬儀について

首都圏でお葬式を行う場合、西日本と違って、まず通夜の後、参列者に「お清め」といって、全員に通夜振る舞いをする習慣があります。次に骨拾いですが、収骨と言って全骨を骨壷に入れます。このお葬式のやり方を首都圏風にするのか、地元風にするのか、葬祭会社と話を決めておく必要があります。地元風にする場合は、骨壷など取り寄せの必要があります。さらに、首都圏に葬祭会社は多く、式場も多いのですが、火葬所が9か所しかなく、自分の希望するエリアで、お葬式はできてもすぐに火葬はできません。まず、どの火葬場が利用できるかの確認が、一番大切になります。人気のある火葬場併設式場を使用する場合は順番待ちをしなければなりませんし、第1希望の式場、火葬場を利用できなければ、他の式場、火葬場を利用する必要があります。

東京での西日本とは違うお葬式の特徴

東京でお葬式を行う場合、関西や西日本と違うしきたりは、親族だけが通夜振る舞いの食事をするのではなくて、通夜に参列してくれた一般の方に食事をふるまう事です。参列者は、焼香を終えた後、通夜振る舞いを用意された部屋に誘導され、お寿司や、オードブルなどですが一口でも食べることが、供養になると言われています。この食事の事を「お清め」と言います。食事をふるまいますので、お香典辞退は、ほとんどありません。また、火葬後の収骨ですが、関西や西日本では、遺骨の一部分を拾い、小さな骨壷に納めますが、東京では遺骨全てを骨壷に収めます。骨壷の大きさが、関西とは違って大きくなります。葬儀を行い場合、こちらの方式で行うのか、地元の方式で行うのか決めて葬儀社と予め話し合っておく必要があります。地元方式だと、準備するものも急に準備できない場合もありますので、事前の確認が必要です。

東京に、葬儀社は多いですが火葬場は少ないです

首都圏では、葬祭会社が900社以上ありますが、式場はお寺、専用式場、火葬場併設式場を合わせて100か所ほど、火葬場は9か所しかありません。首都圏に住むのは自分たち家族だけで親族は地方から出て来るので、空港か駅の近くで葬儀をおこなうとか、火葬だけを行い地元で骨葬をするとか、親族だけなので自宅に近い火葬場が併設された式場がいいとか、家族葬を行うので、地元の人にわかりにくい場所で行いたいとか、自分の希望に合わせて、お葬式を行うエリアをきめることが大切です。首都圏は火葬場が少ないので、自分の希望する式場、火葬場を使おうと思えば、順番待ちをする場合もあります。時間がない場合は、第1希望のところで行えず、第2希望の場所でお葬式を行う場合もありますので、式場は、第2希望も心つもりをしておく必要があります。